【攻略】一発試験で右左折する時の幅寄せのコツ



スポンサーリンク

こんにちは。ミートです。

技能試験の右左折で幅寄せがアマイって減点されていませんか?

ベジタブル
ぼくも試験官に左折の寄せが足りないって減点されたよ…。

そう、一発試験において右左折の幅寄せは超重要ポイントなのです!

ぶっちゃけ、幅寄せができないと試験には合格できません。

この記事では、幅寄せのコツ&ポイントをお伝えするのでぜひ参考にしてください。

①直進

右左折の幅寄せはもちろん大切ですが、まずは基本の直進走行のときに中心を走れているか確認しましょう。

走行中に左右にフラついたり、対向車が怖くて左に寄ったりしていませんか?

そうならないために、フィッシュ教官から道路のセンターを走る極意を教わりましょう。

フィッシュ教官
左足が真ん中を意識じゃ!

自分の左足が常に道路の中心を通るように、運転してみましょう。

そうすれば、左右同じ間隔をあけることができますよ!

②右折

右折の幅寄せは、左折よりも簡単にできます。幅寄せが苦手な人は、右折から練習してみてください。

フィッシュ教官、右折の極意をお願いします。

フィッシュ教官
交差点内のひし形マークの左端と左肩が一直線上を意識じゃ!

交差点内のひし型マークとはこれです。

ほとんどの交差点にはこのマークがあるので、このマークの左端と左肩が一直線上になるように幅寄せすると右方の間隔は50cm以内になります。

あとは、サイドミラーを確認しながら調整してください!
※中央線からはみ出ないように気をつけてください…

こんな感じに幅寄せできれば完璧です。

最初は難しいと思いますが、これを目指して練習してみてください!

③左折

助手席に試験官が乗っているため、左折の幅寄せは特に厳しく採点されます。

幅寄せが甘い、ペケって減点されないように、左折の極意を教わりましょう。

フィッシュ教官
右肩が真ん中を意識じゃ!

自分の右肩が道路の中心を通るように運転すると、左方の間隔は50cm以内となります。

50cm以内だと自転車・原付が追い越せないため、巻き込み事故の防止になります。

サイドミラーを確認しながら、寄せてくださいね!
※車をコスっても責任は負えませんので…

こんな感じに幅寄せできれば完璧です。

練習すれば必ずできるようになるので頑張ってください!

まとめ

フィッシュ教官の極意をまとめると、

幅寄せのポイント
直進:左足が道路の中心を通るように。
右折:交差点内のひし形マークの左端と左肩が一直線上。
左折:右肩が道路の中心を通るように。

ポイントは分かりましたか?

運転が慣れないうちは、これらのポイントを意識しながら運転すると良いですよ。

慣れてきたら、サイドミラーを見ながら間隔を調整する、メリハリのある運転をすることができるとさらに良いですね。

一発試験の技能試験では、幅寄せは超重要ポイントなので、ぜひマスターしてから挑戦してください!

この記事を読んでいただきありがとうございました。
※フィッシュ教官もありがとう…!

この記事が良い!参考になった!と思った方は、SNSで拡散・いいねしていただけると、筆者はとても喜びます。(笑)

これからも更新していきますので、よろしくお願いします。



スポンサーリンク



スポンサーリンク