【2017年10月】初心者でもGoogleアドセンス審査に合格できた!



スポンサーリンク

 

こんにちは。ミートです。

とてもとても嬉しいご報告があります。

ブログ初心者のぼくでも、Googleアドセンス審査に合格することができました!

MIIITO運営者ミート
ヤッターーー! YEAH!!!

 

ブログ開設してから、24日を経て、審査に通過することができました。

しかし、アドセンス審査の道のりは、順調ではありませんでした。

 

ぼくは2回目のアドセンス申請で合格できました。そこで、1回目の不合格から、何を修正したことで、合格を勝ち取ることができたのか、ご紹介します。

Googleアドセンス審査とは

そもそもGoogleアドセンスとは何かわかりますか?わかる人は、スルーして結構です。

Google AdSense は、自分のウェブサイトに広告を掲載するだけで収益が得られる無料のサービスです。

Google AdSense

つまり、アドセンス審査とは、このサービスを利用するに値するウェブサイトかどうか、を判定する審査です。

近年、アドセンスを利用する人の増加に伴って、この審査は年々厳しくなっているそうです…。これから審査を受ける人は、気合い入れていきましょう!

アドセンス審査の流れ、審査に必要な準備、広告コードの貼り方、などについては、ぼくも参考にさせていただいた、この記事をご覧ください。Googleアドセンス審査の全手順

アドセンス申請(1回目)

申請日

9月15日に申請しました。ブログ開設してわずか6日目です。

今考えると、なんでこんな早く申請したのかナゾです。(笑)

記事数

たった6記事です。

ちなみに、カテゴリーは一発免許1つだけでした。

文字数

だいたい2000〜2500文字です。

少なくて1800文字、一番多いので3000文字。

PV数・ユーザー数

PV数は、1日20〜30でした。

ユーザー数は、1日5〜10人でした。

検索流入はほぼ0で、ほとんどがSNSのTwitterとブログランキングからの流入でした。

その他

記事以外には、お問い合わせページ、サイトマップ、プライバシーポリシーを設置しました。

お問い合わせページとサイトマップはWordpressのプラグインで作成し、プライバシーポリシーはコピペ可能なものを使わせていただきました。

結果の通知日

申請からちょうど1週間後の9月22日に通知が来ました。

1回目の審査は、不合格でした。

不合格の理由は、以下に載せた通りです。

Google のポリシーに準拠していないサイト: お客様のサイトは、Google AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないか、ウェブマスター向けの品質に関するガイドラインに準拠していないため、現時点では AdSense のお申し込みを承認できませんのでご了承ください。Google の目標は、質が高く有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性の高い広告を配信できるサイトを広告主様に提供することです。お客様のサイトは、現在この基準を満たしていないと判断いたしました。

次のヒントを参考に、サイトでのユーザーの利便性を高め、AdSense の要件を満たすようにしてください。

・Google 広告を掲載するサイトでは、ユーザーに価値ある情報を提供することが重要です。サイトに掲載するコンテンツは、ユーザーが真っ先にアクセスしたくなるような、独自性と関連性の高いものにしてください。

・自動生成されたページや独自のコンテンツがほとんどないページには、広告を掲載しないでください。

・サイトは操作しやすい構成にして、ユーザーの利便性を高めることが重要で、クリック操作でページを移動して、探している情報を簡単に見つけられるようにする必要があります。

出典先:Google AdSenseからのメール

 

行った修正

不合格のメールに書いてあった3つのヒントを参考に、ブログの修正をしました。

①独自性と関連性の高い記事を作成

独自性…オリジナリティですね。

当初の記事は、免許の取り方、一発試験のメリット・デメリット、などインターネット上にゴロゴロ転がってそうな内容ばかりでした。これでは、独自性があるとは言えません。

インターネットには載っていないであろう、「自分にしか書けない記事」を意識しました。具体的には、自分の考え、オピニオン系の記事を多めに作りました。

関連性…これは自信がありました。

このブログ自体、一発試験免許に関する記事を中心に書いているので、関連性は高い方だと思います。なので、関連性については今までと同じように、免許に関する記事を作成するようにしました。

特化型ブログを運営している人は、関連性については特に意識しなくても問題ないです。雑記ブログを運営している人は、関連性を意識した方がいいかもです。せめて、アドセンス審査に合格するまでは…!

②広告コードを指定されたところ以外に貼らない

以前のGoogleアドセンス審査のときに、広告コードを貼ると、白い無地のスペースが表示されました。

しかし、現在は広告コードをheader.phpに貼っても、何も表示されません。

ぼくは、この何も表示されてないよ、コードしっかり貼れてるかな、という不安からフッダーにもコードを張ってしまったのです。なので、不合格になった後はフッダーのコードを削除しました。

不安になる気持ちはわかりますが、header.phpにコードが貼れていれば、問題ないので安心してください。

③ユーザーの利便性を高める

クリック操作でページを移動できるように、ユーザーの利便性を高める…?ぼくのブログは、クリックだけで操作できるぞ、キーボードなんか使わないぞ、ん?

Google先生が何を言っているかわかりませんでした。

そこで、アドセンスに合格している人のブログ、しかも最近合格した人のブログを探して、読み漁りました。Twitterの検索で、「アドセンス 合格」「アドセンス 通った」って検索すれば、たくさんヒットするので気になる人は、チェックしてみてください。

合格した人とぼくのブログの違いを本気で探しました。記事数じゃない、文字数じゃない、そういうのじゃなくて、利便性を高める何かがあるはずだ…。

すると、決定的に異なるところが1つありました。

カテゴリーです。

ぼくのカテゴリーは、当時、一発免許の1つだけでした。それに対して、合格している人はカテゴリーが3つはありました。

Google先生は、「君の記事は全部同じカテゴリーに属してるからわかりにくい、もっとわかりやすく分類しなさい、それがユーザーの利便性を高めるということだ。」と。
*ぼくの脳内では、このように聞こえました

そして、ぼくはカテゴリーを運転免許・一発試験・オピニオンと3つ作りました。すべて免許に関する記事でしたが、カテゴリーごとに分類することで、何の記事なのか、より明確になりました。

また、カテゴリーを増やすことでサイトマップが活きてくることがわかりました。1つのカテゴリーに記事が何十個もあるよりは、1つのカテゴリーに5つの方がわかりやすいですよね。

アドセンス申請(2回目)

申請日

10月1日にリベンジの申請をしました。

この日にしたのは、3つのカテゴリーに6記事ずつ書き終えた日だったからです。(風の噂で1カテゴリー5記事未満だとコンテンツ未完成と認識されるらしいと聞いたから)

あと、前回の申請から1週間以上空いたので万全を期して申請しました。(これも噂ですぐに再申請すると、Google先生がそんな短期間で何を直したっていうんだよってガンギレすると聞いたから)

噂ばっかですみません。土下座。

記事数

3カテゴリーで各6記事ずつなので、合計18記事でした。

各カテゴリーが6記事になるように計算しながら、内容を考えて書きましたよ。

文字数

文字数は、前回よりちょいアップさせて、だいたい2500〜3000文字。

一番多いので、5700文字でした。

PV数・ユーザー数

PV数は、1日40〜50。

ユーザー数は、1日10〜15。

まだまだショボいブログですが、検索流入がSNSを超えました。嬉しいですね。

その他

お問い合わせページ、サイトマップ、プライバシーポリシーは前回とまったく同じです。(今も同じ)

何か変わったことといえば、Google先生にインデックスされたこと。

Search ConsoleのFetch as Googleを使った効果なのか、9月24日に初めてインデックスされました。いち早くインデックスされたいって人は、この記事参考にしてみてください。ぼくもこの方法をフル活用しました。サイトを公開してからインデックスされるまでのスピードを上げるためには?

結果の通知日

申請した翌日の10月2日に結果のメールがきました。

2回目の申請で、おめでとうございます!って通知がきて、合格しました。

MIIITO運営者ミート
Google先生ありがとうー!!!
そろそろ定年退職のフィッシュ教官
ん!?わしに感謝するなんてめずらしいな。

とりあえず、おめでとうございます!の少年がチャーミングすぎて、3分くらいニヤニヤしながら見てました。

まとめ

アドセンスは審査基準もよくわからない、審査期間が長い、不合格になっても理由がナゾ、なので、いろんな噂がネット上にあります。記事は30記事以上、不合格になったら2週間以上あける、とか聞いたことありますよね。

しかし、これらはあくまでも噂なので自分のブログがアドセンスに合格できるかなと思ったら、申請すればいいとぼくは思います。だって落ちたら、また申請すればいいんです。

 

ぼくは、1回目の申請で不合格(あたりまえ)でしたが、そこから自分のブログに不足しているもの、を探して補ってあげることで合格することができました。

ぼくのブログの場合、それは独自性とカテゴリーでした。

 

特に、Googleのメールのヒントにある、独自性と関連性の高い記事を作成する、ユーザーの利便性を高める、この2つはとても大切だと感じました。

アドセンス審査に通過するためだけでなく、今後ブログを運営していく上でも、この2つを兼ね備えているブログは「強い」です。

ユーザーが満足するコンテンツを作成して、かつ分かりやすいページ構成を作る。

とても簡単なようですが、いざやってみると意外と難しいです。ぼくも、まだまだ改良する余地はいくらでもあると思うので、今後ユーザーに満足していただけるように頑張っていきます。アドセンス審査に通過したからってあぐらをかくのではなく、さらなる高みを目指して挑戦します。

アドセンスのアの字も知らないように初心者でも、合格できたのでみんな合格できるチャンスはあります!これからアドセンス審査を受ける人、再チャレンジする人、合格できることを祈ってます。

この記事を読んでいただきありがとうございました。今後も頑張っていきますので、よろしくお願いします。



スポンサーリンク



スポンサーリンク