仮免許で路上練習をして感じた、日本の運転マナーについて



スポンサーリンク

 

こんにちは。ミートです。

みなさんは運転していますか?

普段運転していて、感じることはありませんか?

ぼくは現在、指定教習所には通わずに、一発試験での普通免許取得に挑戦中です。今は、仮免許で路上練習をやっています。

路上練習を5回終えて、ぼくが感じた日本の運転マナーについて書きました。

初めて路上で運転をして思った、ストレートな意見を書いたので、ご参考にどうぞ。

路上練習とは

そもそも、路上練習とは何か簡単に説明します。

路上練習とは、仮免許を取得後に、必ず行う運転の練習のことです。

実際に、普通の道路で、1日2時間の練習を全部で5回やります。練習中は、助手席に免許取得後3年以上の人を乗せて行います。

ぼくは、この路上練習を5回やりました。

路上練習で思ったこと

ぼくが、路上練習で思ったことを、運転マナーと道路標識という2つに分けて意見をまとめました。

運転マナー

制限速度を守らない

運転をして、最初に思ったのがこれです。

制限速度を守らない車が非常に多い。

制限速度が40kmの1車線の道路で、ぼくが40kmで走行していると、当然のように、他の車は追い越していきます。

制限速度30kmの道路なんかは、30kmで走行している車は1台もありません。

これっておかしいですよね。

みんな守らないなら、何のためのに、制限速度があるのか疑問に感じました。

信号を守らない

さすがに、赤信号を平然と通過する車はいませんでした。

ぼくが信号で感じたのは、これです。

黄信号のマナーが悪い。

黄色の灯火は、安全に停止できない場合以外は止まるのがルールです。

しかし、実際には黄信号になってもアクセルを踏んで通過する、左折する、など明らかに信号無視と言える車が多かったです。

特に、ぼくが右折レーンで、曲がるタイミングを探しているときに、対向車が黄信号になっても突っ込んでくるので、迷惑でした。

安全に止まれるのに、なぜアクセルを踏むのかわかりません。

他の車に迷惑はかかるし、事故の元になるのでやめてほしいですね。

歩行者に対する配慮が足りない

これは、ぼくが普段生活していたときから感じていたこと。

運転者は、自分勝手。

歩行者が渡っている、渡ろうとしている横断歩道では、車は一時停止する義務があります。

しかし、渡ろうとしている歩行者がいるのに一時停止する車は、ほぼいない。

おかしいですよね。立派な交通違反です。

あと、歩道がないところで路側帯に歩行者がいる場合は、適度な距離1.5mの間隔を空ける、もしくは徐行する必要があります。

間隔を空けず、徐行もせずに、歩行者の横を平然と通過する車が多かった。

自分が歩いていて、危ないって思ったことは、1度くらいありますよね。

運転する人は、もっと歩行者に配慮して欲しいですね。

道路標識

右左折後に制限速度の標識・標示がない

路上練習のときは、制限速度を守ることを意識してやっています。

そのときに、大事なのが制限速度の標識と標示です。

これがないと、何kmで走行すればいいのかわかりません。

周りの車に合わせて走ればいいじゃんって言う人もいますが、周りは制限速度を超過している車が大多数なので参考になりません。

特に、技能試験のときは速度超過や速度遅すぎで減点されるので困ります。

交差点の近くには、標識・標示が欲しいですね。

標識・標示が消えてる

これはすべての標識・標示に共通して言えます。

標識の赤枠、文字、センターライン、導流帯(ゼブラゾーン)、右左折レーンの直進矢印、など消えてる、もしく消えかかっているところを見たことありませんか?

あれって自分が初めて通る道路だと、わかりづらいですよね。

ぼくは、路上練習で初めて走る道ばかりだったので、消えかかっているところは、教官が教えてくれないとわかりませんでした。

標識・標示を勘違いして、違反で捕まったりしたら、シャレになりませんよね。

文字や線が消えかかっているところは、わかりやすく修繕して欲しいですね。

まとめ

ぼくが初めて路上練習をして感じたことを、運転マナーと道路標識についてまとめました。

あくまでも、ぼく個人の意見なので、みなさんと違うかもしれません。

しかし、運転していてあの車危ないな…、歩いていて怖い…と感じたことは、誰でも1度はありますよね。

自分は、運転して他人に危険な思いをさせていませんか?

自問自答して、改めて車の運転を見直してください。事故が起きてからでは、遅いですよ。

それでは、無事故で安全なカーライフを送ってください。

この記事を読んでいただきありがとうございました。何か意見がありましたら、コメント欄にお願いします。



スポンサーリンク



スポンサーリンク