教習所と一発免許どっちが安いか徹底比較!してみた。



スポンサーリンク

 

こんにちは。ミートです!

免許はなるべく安くとりたいですよね。ぼくもそう思ってました。

教習所と一発免許は、どっちが安いと思いますか?

どのくらい料金の差があると思いますか?

そこには、驚きの差がありました…

 

初めて普通免許(AT限定)を都内で取る場合にかかる料金を教習所と一発免許で徹底比較したので、ご参考にどうぞ。

 

教習所、一発免許について分からない人は、こちらもご参考にどうぞ。

教習所と免許を取る方法の違いを比較 – 通学 vs 合宿免許 vs 一発免許

2017.09.10

教習所

指定教習所で免許を取る場合を考えましょう。

指定教習所はたくさんありますが、参考に東京都公安委員会指定教習所である武蔵境教習所さんを例にします。参照: 武蔵境教習所

①料金

気になる料金は、ベーシックプラン(一般)で、料金は281,880円です。

30万円以下ですので、都内では比較的安い教習所ですね。他にも安心プラン、VIPプランなどあるので興味のある方はチェックしてください。

今回は、ベーシックプランで比較していきますね。

②内容

指定教習所では、入所式・適性検査を行った後に、まず第一段階を行います。これは、仮免許を取るための教習です。

規定として、指定教習所では、学科教習は10時限、技能教習は12時限受けます。

規定の教習が終わったら、修了検定と学科試験を受けます。これに合格したら、仮免許取得です。

仮免許を取ったら、次は第二段階を行います。今度は、本免許を取るための教習です。

規定として、第二段階は、学科教習は16時限、技能教習は19時限受けます。

規定の教習がすべて終わったら、卒業検定を受けます。これに合格すると、運転免許センターで技能試験免除になります。

なので、最後は運転免許センターで学科試験を受けます。

免許センターの学科試験に合格すると、免許取得です。

③試験料

指定教習所の料金に1回目の試験料は含まれています。

しかし、1回目の試験で不合格になり、再試験を行う場合には、試験料がかかります。

再試験料は、学科試験は、1,700円、技能試験は4,320円かかります。

仮に、学科試験・技能試験どちらも3回目の試験で合格すると、再試験料は合計12,040円になります。

最後に、運転免許センターで本免許学科試験を受けるときの試験料は1,750円です。

これも仮に3回目で合格すると、試験料は合計5,250円です。

したがって、試験料・免許交付料を含めた総額は、19,340円です。(取得時講習料金は教習所料金に含まれているためかかりません。)

一発試験 – 届出教習所

一発試験の場合を考えてみましょう。

初めて普通免許を取る場合を比較しているので、いきなり試験を受けるのは、無謀な挑戦です。

なので、運転の練習は必要ですよね。練習の場として、届出教習所に通う場合を比較してみましょう。

届出教習所はたくさんありますが、参考に東京都公安委員会届出自動車教習所である大久保自動車学校さんを例にします。参照: 大久保自動車学校

①料金

気になる料金は、基本パックで、料金は159,500円です。

さすが届出教習所ですね。指定教習所の半額並みの安さ..激安です。

こちらも他に保証付きパックというプランもあるので興味のある方はチェックしてください。

②内容

届出教習所は、技能教習がメインです。

学科教習は、特にありませんが、勉強するための教本・問題集・DVDはあります。なので、学科は自分で勉強することになります。

技能教習は、第一段階は16時限、第二段階は14時限受けられます。

届出教習所の特徴は、指定教習所と違って、規定の教習が終わっていなくても試験を受けれます。

自分が試験を受けたいと思ったら、受ければ良いのです。なので、免許が取れるまでの期間も短くなりますよね。

学科試験・技能試験どちらも運転免許センターで受けて、合格すれば免許取得です。

③試験料

一発免許は、すべての試験を運転免許センターで受けます。

試験料は、仮免許試験は4,400円、本免許試験は3,100円です。

仮に、学科試験・技能試験どちらも3回目の試験で合格すると、試験料は合計22,500円になります。

したがって、試験料・免許交付料を含めた総額は、40,330円です。(取得時講習料金は教習所料金に含まれていないため、別途14,680円かかります。)

一発試験 – 運転練習場を利用

一発免許を取るときに、練習するところとして、届出教習所以外に運転練習場を利用することもできます。

運転の練習を、参考に運転免許試験場のコース開放日に練習するのを例として比較してみましょう。参照:警視庁 – 運転免許試験場のコース開放

①料金

運転免許試験場で練習する場合、かかる料金は1時間2,000円です。

しかし、練習車は持ち込みで、助手席には、普通免許取得後、運転経歴が3年以上ある人に乗ってもらう必要があります。

指定教習所の技能教習が合計31時限、届出教習所の技能教習が合計30時限なので、30時間練習するとしましょう。練習にかかる総額は、60,000円です。

一番安いですよね。

しかし、練習場を利用する場合は運転を教えてくれる人が必要です。

それも、運転技術だけでなく、一発免許に合格できるような安全運転を教えてくれる人です。

②内容

練習場を利用する場合は、学科も技能も自分で勉強する形になります。

さらに、運転教本・問題集なども買う必要があります。

練習の費用をとても安くできるけど、頑張らないと免許を取るのは難しいです。

身近に、運転を教えてくれる人がいる環境だと、とてもオススメな方法です。

③試験料

試験料は、一発免許なので同じく運転免許センターで受けます。

したがって、試験料・免許交付料を含めた総額は、40,330円です。(取得時講習料金は教習所料金に含まれていないため、別途14,680円かかります。)

比較

指定教習所、届出教習所、運転練習場それぞれの免許を取るまでにかかる費用を一覧表にまとめました。

指定教習所が総額301,220円。

届出教習所が総額199,830円。

運転練習場が総額100,330円。

つまり、指定教習所と比べて、一発免許の届出教習所は、101,390円お得です。

そして、さらに運転練習場は、200,890円お得です。

こんなに料金の差があるなんてビックリですよね。

一発免許、魅力的すぎる…!

*試験を何回受けたかによって、試験料は多少変わってくるので、だいたい目安として考えてください。

まとめ

この記事では、指定教習所と一発免許どっちが安いか徹底的に比べてみました。

いかがでした?ビックリしましたか?

ぼくも、こんなに料金の差があると正直思っていなくて、自分で記事を書いてて驚きました。

10万円の差はデカいですよね。

とりあえず、一発免許に挑戦してよかったなと改めて思いましたね。

 

これから免許を取る人は、一発免許の魅力を知っていただいて、「お得に」免許を取れるといいですね。

この記事を読んでいただきありがとうございました。何かご質問があれば、お問い合わせください。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク