一発試験で免許を取るメリットとデメリット – 難易度・費用・期間



スポンサーリンク

 

こんにちは。ミートです。

みなさんは一発免許のメリットについて知っていますか?

運転免許センターで直接試験を受けて、免許を取る方法ですが、そこには隠されたメリットとデメリットがあったんです。

 

ぼくは現在、指定教習所には通わずに一発試験での免許取得に挑戦中です。

実は、一発免許には、魅力的な部分がたくさんあるんです。

ぼくが実際に、挑戦して感じた一発免許のメリットとデメリットについてまとめましたので、ご参考にどうぞ。

一発免許とは…

学科試験、技能試験を運転免許試験場(運転免許センター)で直接受けて免許を取ることです。

そんなことしていいことあるの?と疑問に思う人も多いと思います。

その魅力をこれからご紹介します。

一発試験って何?という人は、まずこちらからご覧ください。

一発免許とは?運転免許試験場の一発試験で免許を取るまでの流れ

2017.09.10

 

メリット

①本人のスキル次第で、短期間で免許がとれる

教習所に通って、免許を取ろうとすると初心者も運転経験者も、早くても1ヶ月かかります。

ところが、一発免許は本人の実力次第で最短7日間(路上練習5日間を含む)で免許が取れます。

これは、教習所だとAT車は57時限、MT車は60時限の教習を受けることが必須ですが、一発免許は試験を受ける前に「◯時限教習を受けろ」という決まりがないからです。

つまり、ノー勉でも試験を受けることができます。

なので、本人の努力次第で、短期間で免許を取ることができます。

特に免許が失効になった人や取り消しになった人は、運転ができるのに、もう一度教習所に通うのは嫌ですよね。せっかく運転スキルがあるのに、教習所ってもったいないです。

運転スキルがある方は特に一発免許をオススメします。コツとポイントをつかみ、本人が努力さえすれば圧倒的に短期間で免許が取れますよ。

 

②運転試験場に慣れるので、他の免許も一発試験で取れやすい

普通免許を一発試験で取ることで、運転試験場で免許を取る流れや試験の方法・ポイントを学ぶことができます。

この学びが非常に大切です。学びを活かせば、他の免許も一発試験で取るのがとても有利になります。

例えば、次に普通二輪が欲しくなってきたら教習所で取りますか?

普通免許を一発試験で取ったなら、普通二輪も一発試験で取りますよね。

自分が実際に学んだノウハウを活かすことで、今後、他の免許にも手が出しやすくなります。

早めに、一発試験で免許を取る経験をしておいた方がいいという意味もあり、初めて普通免許を取る場合も一発免許をオススメします。

 

③費用が安い

何より、免許を取るまでにかかる費用が、圧倒的に安いです。

普通免許を一発試験で仮免試験・本免試験、全て1回で合格したとすると、費用は24,350円しかかかりません。この費用は、受験料・免許交付料・取得時講習料を含んでいます。

教習所だと約30万円かかるので、それと比べると激安ですよね。

しかし、全て1回で受かるのは難しいです。

緊張すると思うので、余裕を持って仮免試験・本免試験どちらも3回ずつ受けて合格したとします。3回ずつ受けると費用は40,330円です。

これでも安いですよね。

ほとんどの方が3回以内で受かるので、運転試験場でかかる費用は5万円以内です。

 

しかし、初めて普通免許を取る人は、いきなり試験を受けても合格しませんよね。

そこで、初めて運転免許を取るのにオススメなのが届出教習所(非公認教習所)です。

届出教習所とは、簡単に言うと一発試験で免許を取るための予備校みたいなところです。

より詳しい内容については、こちらをどうぞ。

届出教習所とは? - 料金・教習内容・メリットを徹底解説

2017.09.17

少し説明すると、

教習内容は、技能練習がメインで、学科試験対策は、DVDを見て勉強したり、問題集を解いたりと各自で勉強します。

技能練習は、指定教習所(公認教習所)と同じく、教官が助手席に座って運転を教えてくれます。

また、一発試験のときに注意するポイントやコツも教えてくれます。

気になる、届出教習所の料金は、約15万円と指定教習所の半額です。

届出教習所に通って、一発試験で免許を取ると、かかる費用は20万円以内で済みます。

お金に余裕がない人やなるべく安く免許を取りたい人に一発免許はとてもオススメです。

 

デメリット

①試験が難しい

一発免許の難易度は指定教習所と比べると難しいです。

指定教習所の技能試験は、いつもと同じ教習車で練習のときと同じ慣れたコースを走ります。

走ったことがある道なので、どこで何に注意すればいいのか分かりますよね。また、採点する教官も見慣れた教官なので安心して運転できます。

一発免許は運転試験場で試験を受けますので、慣れてない車で知らないコースを走ることになります。

知らないコースを走るので、どこで何に注意すればいいのか分かりませんよね。

なので、本当の運転スキルをみられます。

正しい知識と適切な判断、そして何より安全な運転ができる必要があります。

しかし、受験回数を重ねるごとにコースには慣れてくるので、試験後に失敗の原因を考えて、次の試験に備えることはできます。

それでも、一発免許の方が難易度は高いです。

難易度については、こちらも参考にどうぞ。

一発免許って難しい? - 合格率と難易度を徹底解説

2017.09.12

 

②平日休みが必要

運転免許試験場は、土・日・祝日は営業していないので平日しか試験を受けることができません。

なので、平日休みが必要になります。

学科試験では、午前は8:30〜13:00頃、午後は10:00〜15:00頃までかかります。技能試験では、午前は8:30〜13:00頃、午後は13:00〜17:00頃までかかります。

一発免許を取るには、スケジュール調節をして、平日に受験できる日を作る必要があります。

土日祝日に試験を受けることができないのがデメリットです。

 

③緊張する

一発免許はいつもと違う車で、知らないコースを警察官が助手席で採点しながら走るのでとても緊張します。

初めて試験を受けるときは特に緊張するでしょう。

しかし、試験官は、あなたが緊張しているから大目に見てくれることはありません。

なので、一発免許では緊張しても、いつも通りの運転をする必要があります。

指定教習所と比べて緊張感はとても高いですが、それを乗り越えて警察官から「合格」と言われたときは、感動するくらい嬉しいものです。

 

まとめ

今回は、一発免許のメリットとデメリットについて詳しく書きました。

一発免許の特徴はわかりましたか?

一発免許のメリットは、「短期間でとても安く免許が取れる」と、とても魅力的ですよね。

しかし、免許を取るためには「平日休みと正しく安全な運転技術」が必要です。

 

一発試験で免許を取るには、努力が必要です。

しかし、努力さえすれば、時間とお金を大幅に節約できるので、努力する価値は大いにあります。

一発免許のメリットとデメリットを知って、ぜひ一発免許のチャレンジを検討してみてください。

この記事を読んでいただきありがとうございます。何かご質問がありましたら、お問い合わせください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

1 個のコメント