府中運転免許センターの一発試験で初めての普通免許取得に挑戦した理由



スポンサーリンク

 

こんにちは。ミートです。

みなさんはどのように免許を取りましたか?

もしくは免許を取りたいですか?

現状は、指定教習所に通って、運転免許を取る人がほとんどです。

しかし、ぼくは現在、指定教習所には通わずに、一発試験での普通免許取得に挑戦中です。

一番難しいと言われている、仮免技能試験に受かるところまできました。

 

タイトルにもある通り、ぼくが一発試験で初めての普通免許取得に挑戦した理由について書きました。

ぼくの生い立ちや現在住んでいる環境など、さまざまなことが影響して、一発免許に挑戦することに決めました。ぼく個人の意見ですが、とても詳しく書きましたので、ご参考になれれば幸いです。

 

一発免許って何?という人は、こちらの記事からご覧ください。

一発免許とは?運転免許試験場の一発試験で免許を取るまでの流れ

2017.09.10

背景

プロフィール欄にも書いてあるように、ぼくは台湾の帰国子女です。

帰国子女と言っても、ぼくは生まれてから15歳まで台湾で生活していました。台湾に15年間も住んでいたのです。ほとんど台湾人ですよね。

台湾は、日本と比べると物価がとても安いです。

最近は、ビルや高層マンションが次々と建設されて、すごいスピードで経済成長してますね。徐々に、物価は上がっていますが、日本よりは安いです。

台湾で普通免許を取る場合に、指定教習所に通うと料金はいくらかかると思いますか?

教習料金+試験料で、約7万円です。

日本は指定教習所だと、約30万円かかります。

恐ろしい…台湾で運転免許が取りたいですね。

つまり、台湾で育ったぼくは、金銭感覚が台湾人だったのです。日本は、物価が高いなと思いながら、毎日生活しています。(笑)

お金もないし、安く免許が取りたいなーって思って、免許の取り方を調べていたら、一発免許に出会ったのです。

しかし、初めての運転免許なので、ぼくは運転ができません。

運転できないのに、試験を受けても不合格になるだけです。

正直、困りました…。

そこで、ぼくは教習所へ通おうかなと考えて調べているときに、とても安い教習所を見つけました。

届出教習所です。

 

ぼくは、届出教習所に通いながら、一発試験で普通免許取得を挑戦することに決めました。

長くなりましたが、ここから、ぼくが一発免許に挑戦することを決めた理由について説明します。

 

届出教習所について詳しく知りたい人は、こちらもご参考にどうぞ。

届出教習所とは? - 料金・教習内容・メリットを徹底解説

2017.09.17

一発免許に挑戦した理由

①安く免許が取れる

一発免許を挑戦しようと思った最大の決め手は、免許を取るまでにかかる費用の安さです。

運転免許センターの試験料は、仮免許試験は4,400円、本免許試験は3,100円です。

教習所に通わずに、ぶっつけ本番で試験だけを受けて、免許取得を考えるとします。

仮に、仮免許試験・本免許試験それぞれ10回ずつ受けて合格したとすると、試験料+免許交付料などの総額は、92,830円です。

この方法も考えたのですが、一発試験のデメリットでもある、平日休みをぼくはあまり取れず、頻繁に試験を受けることができなかったので断念しました。

なので、ぼくは届出教習所に通うことにしました。

届出教習所は教習料金が約15万円と指定教習所の半額程度で通うことができます。

届出教習所に通いながら、一発免許を取るのにかかる費用は約20万円です。

指定教習所と比べると約10万円お得なのです。

 

一発免許のメリット、デメリットの詳しい内容については、こちらをどうぞ。

一発試験で免許を取るメリットとデメリット - 難易度・費用・期間

2017.09.11

②忙しい自分に合っている

ぼくは現在、薬学部に通っている大学生です。薬学部は、授業や実習が多く、基本忙しいです。

届出教習所は、自分のスケジュールに合わせて教習を進められ、さらに一発免許は都合の合う平日に試験を受けることができます。

この免許の取り方は、自分にピッタリだと思いました。

 

教習所の特徴や免許の取り方の違いが分からない人はこちらもどうぞ。

教習所と免許を取る方法の違いを比較 – 通学 vs 合宿免許 vs 一発免許

2017.09.10

 

③教習所に行く回数が少なくて済む

指定教習所では、学科教習・技能教習を最低◯時限受けないと試験を受けれません。

ところが、届出教習所は自分のレベルに合った教習を受けることができます。

天才な中学生が高校へ飛び級するような感じで、どんどん先に進むことができます。

なので、飲み込みが早い人は教習所に行く回数がとても少なくなります。

何回も教習所に通うのは、正直めんどくさいと思っていたので、行く回数が少ないのもメリットに感じました。

④運転免許センターが家から近い

偶然にも、運転免許センターから家までの距離が近かったのでとても行きやすかったです。

距離が遠いと、試験に不合格になるたびに、また試験場行くのか…めんどくさいってなるけど、ぼくの場合は近かったので、試験に落ちても頑張れそうだなと思いました。

⑤チャレンジしたかった

ぼくの周りに普通免許を持っている人は、たくさんいました。

しかし、みんな指定教習所に通ったか、合宿免許でした。

一発試験で免許取得した人は、1人もいませんでした。

もともと他人と違うことをするのが好きなタイプの人間なので、ぼくは素直にチャレンジしたいと思いました。

正直、一発免許って難しいんだろうな、自分はこれで免許取れるのかな、と不安はありました。

あと、一発免許について、情報があまりなかったのですごく悩みました。

最終的には、チャレンジしたい気持ちの方が強かったので一発免許に決めました。

まとめ

ぼくが一発免許で初めての普通免許取得に挑戦した理由についてまとめました。

あくまでも、ぼくの意見ですが、最大の決め手は免許にかかる費用でした。

安く免許を取りたいという気持ちから、いろいろ調べて、一発免許を知って、届出教習所を知りました。

初めは、分からないことだらけで、不安でしたが、実際に挑戦していると、とても充実した練習ができます。

何より、試験に合格する喜びがあります。

自分にとって、届出教習所と一発免許の組み合わせが一番合っていたので、この免許の取り方に決めましたが、みんなこれがいいわけではありません。

教習所と免許の取り方の特徴をそれぞれ知って、みなさんに合ったスタイルを選んでほしいと思います。

この記事を読んでいただきありがとうございました。何かご質問がありましたら、お問い合わせください。



スポンサーリンク



スポンサーリンク